にきび跡の対策 治療法

にきび跡とは

皆さんはにきびが出来た後に残るにきび跡はどうしていますか?そもそもにきび跡って?と思う方がいるかと思いますので簡単にご説明していこうと思います。この『にきび跡』はにきびをきちんとした方法で治療が出来なかった結果、肌に残ってしまった跡のことです。そもそもにきびが出来る原因はホルモンバランスが崩れたときに現れる症状です。

 

その他ではスキンケアがきちんと行き届いていない事も大いに関係があります。それ以外でもにきびは大人になればなるほどケアをきちんとしていかないと後々大変なことになりますのでちゃんとした知識と健康を気にして行きましょう。

 

ニキビを潰すことのメリット・デメリット

にきびって鏡を見ていると、ついつい潰してしまいたい!という衝動に
かられると思います。
しかし、ニキビは潰してはいけません
ニキビを潰すことで、毛穴に詰まったニキビの芯が飛び出ます。これをとってしまえば
ニキビは早く治る!と思っている人は少なくないと思います。これは
間違ったことではないですが、このニキビを潰してしまうことで、毛穴が傷んでしまうので跡が残ってしまうんです。
この傷んだ毛穴から菌が入りこんで、もっとひどい状態にもなってしまいますし、
その菌が広がって違うところにもにきびができてしまうということが起きるんです。
なので、やめた方がよろしいかと思います。

 

しかし、やっちゃ駄目といわれたらやりたくなるのが人間の性。
どうしても潰したい!!!潰さないと、それがストレスになってもうどうしようもない!!!!と思う人に潰し方を教えます。笑

 

にきびをつぶす場合は、毛穴からにきびの芯を優しい力でそうっと押し出すんです。
このときは必ず面貌圧子でとり除いてください。
これを指などでやってしまうと菌が入ってしまいます。
清潔にしておくことはとても大切です。にきびをつぶした場合も洗顔や消毒をきちんとしてください。

ニキビにならないような食生活

ニキビ跡はもちろん気になる部分かと思いますが、ニキビを作らない努力も必要です。ニキビを治す、作らないスキンケアもありますが、内側から綺麗にしましょう。

 

食生活では、脂っこいものを避ける食生活を送りましょう。にきびの原因は皮脂の分泌によるものです。
ですから脂っぽいものを食べると皮脂の分泌が活発になります。しかし、脂っぽいものを一切摂るなというわけではなく、控えることが大切なんです。

 

また、水分をとらなすぎると肌荒れを引き起こしてしまいますので、要注意です。また便秘の原因にもなって、肌も荒れてしまいます。
ですから、水分をきちんと摂ることと、バランスの良い食生活を送ることがニキビを作らない方法のひとつなんです。
しかし、忙しくてしっかりとバランスのとれた食事ができない場合には、サプリメントなどを活用して、ビタミンなどを摂るようにしましょう。