カエル 育て方

カエルの育て方

カエルをペットとして飼いたい!そんな人は多くないかもしれません。
しかし、カエルは飼っていてもあまり成長して大きくならないですし、臭いもさほど嫌な臭いもしないようです。
今回は、かえるを飼いたい方にポイントなどをまとめてみました。

カエルについて知ろう!

まず、カエルはどんな生態動物なのか?カエルのことについてきちんとした知識を身につけておきましょう。
 まず、カエルというのは、両生類です。そして田んぼなどの水の中に卵を産み、おたまじゃくしが産まれます。そのおたまじゃくしが
成長したのがカエルなんです。

 

また、カエルは日本に39種類のカエルがいます。
よく、私達が目にするカエルは、アマガエルと呼ばれる種類のカエルです。
では、カエルの種類を簡単に説明します。

 

アマガエル

このアマガエルは、緑の小さなカエルで、指の先に吸盤がついているんですが、これは、すべりやすいところにいても落ちないように、という役目を果たしているんです。また、このアマガエルは雨が降るのを察知できるんです。
また、周りの環境によって体の色を変えることができます。これは、敵から身を守るためなのです。

 

ウシガエル

アメリカから輸入されてきたカエルで、食用のカエルが逃げ出して野生化したのです。これは、食用カエルともいわれています。泣き声がモーもーです。

 

ヒキガエル

ヒキガエルは耳から毒を出すカエルなので見つけたらむやみに刺激してはいけません。毒が目に入ると角膜炎を起こしてしまいます

 

トノサマガエル

夜に、カエル同士で田んぼで集まる習性があります。この時に、縄張りをきちんと確保できるカエルは大きな声でメスを誘います。しかし、弱いカエルは目と鼻を水から出して様子を見ているんです。
夜に、やたらカエルの鳴き声が聞こえるというのは、こういうことだったんですね。